シースリーの料金プラン・口コミを徹底分析

 

エステっぽい高級感のある脱毛サロン。おそらくトリートメントルーム(施術室)のゴージャスさは脱毛業界一なんじゃないかなと思います。
シースリーも全身脱毛がメインの脱毛サロンですね。
そんなシースリーの口コミでの評判、通うメリットデメリットをまとめましたので要チェック!

 

シースリーのメリット・デメリット

総合評価

現在集計中

脱毛方法

IPL脱毛

予約

取りやすい


 

 

そんなシースリー2つのメリット2つのデメリットを覚えておきましょう!


 

メリット1

通うペースがのんびり

 

 

シースリーは「通うのが楽なサロン」というのは2つの理由があるからなんです。

 

まずは施術時間。シースリーの脱毛器はルネサンス社のGT-Rという脱毛器を使用しています。

 

 

このGT-Rは高速スライドを実現した脱毛器で、今までより早い連射が可能になっているため、施術時間が大幅に短縮。
全身脱毛をする場合、部位にもよりますが90~120分ほど時間がかかるのが一般的。
ですがシースリーの場合、全身の対象部位の施術が約45分で完了!

 

そしてシースリーは通うペースが3か月に1度(全身4回/年)ですから、脱毛にさく時間を大幅に削減できるんです。
全身を年6回脱毛できるキレイモ、年8回できる銀座カラーに比べて、年間にできる回数は毎月通うのが面倒という方やのんびり通いたい方にはうってつけの脱毛サロンです。

 

 

メリット2

基本的にシェービング代が無料

 

 

全身脱毛のメインのサロンであるキレイモや脱毛ラボがシェービング代を必要とする中、シースリーは無料
といっても、基本的には事前の処理をしなくていいわけではなく、背中などの自分で手が生えない部位や剃り残しがあった場合に限ります。

 

ただキレイモや脱毛ラボでは剃り残しがあった場合も、シェービング代が必要になってくる良心的。

 

全身脱毛でシェービング代が無料なサロンは結構少ないから貴重!ただ剃り残しがあまりにも多すぎると施術できないことも・・・

 

 

デメリット1

月額プランでも中途解約に手数料が・・・

 

 

シースリーも月7,500円の月額プラン(全身美肌脱毛一生通い放題コース)の用意がありますが、銀座カラーと同じ「総額を分割で払っていくタイプ」の月額性」
シースリーの場合、月額プランは通い放題コース。

 

 

月額7,500円ですが、24回の分割支払いとなり、総額では382,400円となります。

 

そしてやっぱりネックになるのが、中途解約の場合。
コース契約をしているため途中でやめたくなった場合は、「残り代金の10%か2万円どちらか金額の少ない方」が解約手数料として必要になってきます。

 

 

デメリット2

営業が12時~・定休日アリ

 

 

ミュゼの営業時間は10:00~20:00(定休日なし)、銀座カラーは平日12:00~21:00土日祝日10:00~19:00(定休日なし)、キレイモは11:00~21:00(定休日なし)。
これに対してシースリーの場合、12:00~21:00(定休日:毎週水曜日・第2火曜日)となっています。

 

ミュゼ、銀座カラー、キレイモは定休日を設けていないのに対してシースリーは毎週水曜日、そして第2火曜日が休み。
また時間もミュゼは10時~、キレイモは11時~、銀座カラーとシースリーは12時~営業となっています。
ただし銀座カラーの場合、土日祝日は営業時間を10時からとしていますがシースリーは土日祝日であっても12時OPEN。

 

店舗にもよって若干違いはあるもののこれを見るとわかる通り、シースリーだけ若干営業日が少ないため他のサロンに比べ通える日数少なく、土日であってもお昼からしか空いていないので午前中に脱毛を行う事が出来ません。

 

シースリーの定休日は毎週水曜日・第2火曜日のところが多いみたい

シースリーに潜入調査!

現在のレビューアー評価は?現在集計中

シースリーの口コミを要チェック!


シースリーとあわせてよく読まれるページ