VIO脱毛を徹底調査!

VIO脱毛guide

 

VラインをはじめVIOの脱毛は、年々人気急上昇の部位。
生理の時も清潔な状態を保つことができたり、下着からはみ出す心配がなくなったりとメリットがたくさんあります。

 

ではそんなVライン、VIOのコースが今おすすめなサロンを徹底調査してみました!

VIO脱毛ランキング

イマVIO脱毛するならこのサロン

 

ミュゼプラチナム

コース料金(6回)

54000円
半額キャンペーン適応

コース対象部位

7部位

脱毛方法

S.S.C脱毛

評価 現在集計中
ミュゼのVIO対象部位

 

TBCと並んで1位なのがミュゼ。
Vラインだけ脱毛したい人も、VIOを脱毛したい人もミュゼはおすすめ。
まずVラインだけ脱毛したいのであれば体験を利用してみましょう。
ミュゼの体験はVラインが回数に制限がないため、満足いくまで何度でも通うことができます。

 

ミュゼのVIOのコースであるハイジニーナ7は、4回以上の契約であれば半額のキャンペーンが適用されるので何よりお得。
半額キャンペーンを適用した場合、ハイジニーナ7の6回コースが54000円に。
平日に通うデイプランで更に割引されます。
ハイジニーナ7の6回コースであれば、45,000円に!
平日に通える方はかなりお得ですね♪

 

VIOの対象範囲も広く7部位をしっかり脱毛することができます。

 

痛みが強いといわれるVIOですが、ミュゼの施術の方法はS.S.C脱毛。
S.S.C脱毛は、IPL脱毛よりも痛みを感じにくい脱毛方法ですからVIOでも安心して通いえます。

 

また急な生理でキャンセルしなければいけない場合であっても、ミュゼは当日キャンセルであってもキャンセル料がかかりません。
生理の影響を受けやすいVIO脱毛には、本当にうれしいサービス!

 

ただしやっぱりミュゼは予約がとりにくいのが気になりますね。

 

ミュゼなら痛みが弱い&範囲の広い!


 

TBC

コース料金(6回)

56,100円

コース対象部位

5部位

脱毛方法

IPL脱毛

評価 5点満点中
TBCのVIO対象部位

 

TBCにあるVIOのコース「VIO・5」も料金設定はリーズナブル。
TBCには美容電気針脱毛のTBCスーパー脱毛もありますが、VIO・5はフラッシュ脱毛のTBCライト脱毛のみとなります。

 

VIO・5の場合、6回以上のコースがお得!
VIO・5の6回以上のコースを契約した場合、2回プラスされるんです。
これはどういうことかというと、体験キャンペーンの「VIO・5ファーストプラン」が特典でついてくるからなんです。

 

ですから実質6回の金額で8回脱毛できるんです。これはミュゼに負けないくらいお得な内容。
ただし店舗によっては、VIO・5ファーストプランのキャンペーンを行っていないサロンもあり、その場合は特典はついてきません。
必ずカウンセリングで確認しておきましょう。

 

万が一のためにしっておきたいキャンセルですが、TBCの場合前日の17時までに連絡すればキャンセル料もかかりません。
ただし17時を過ぎると3000円のキャンセル料が発生してしまうので注意。

 

TBCの場合、IPL脱毛なのでミュゼのS.S.C脱毛やディオーネのハイパースキン脱毛に比べると痛みは若干強めなのがネックかなと思います。

 

VIO・5ファーストプラン要チェック


 

ディオーネ

コース料金(6回)

ハイジニーナコース:72000円
semiハイジニーナ:57,000円

コース対象部位

5部位

脱毛方法

ハイパースキン脱毛

評価 5点満点中
ディオーネのVIO対象部位

 

ディオーネのVIOのコースは2つ。
ひとつは、VIOに生えているすべての毛を処理するハイジニーナコース(72000円/6回)。
もうひとつは、VIOの毛を希望の形に少し残すsemiハイジニーナコース(57,000円/6回)。

 

ミュゼに比べると、ちょっと割高な感じがしますが、ディオーネのVIOもすごく良心的でリーズナブルな料金設定。

 

ディオーネの脱毛方法は、ハイパースキン脱毛。
VIOの脱毛が痛いといわれる理由の一つに毛が太いためメラニン色素が濃いが挙げられますが、ハイパースキン脱毛は休止期(肌の中に埋まっている毛)に作用する脱毛なので、S.S.C脱毛同様に痛みを感じにくいというのもメリットの一つ。

 

ディオーネも前日19時(店舗によっては18時)までに連絡しておけば、何回でも予約変更可能です。
ただ連絡をしなかった場合、1回消化になってしまうので注意しておきましょう。

 

痛みが心配なひとはハイパースキン脱毛


VIOってそもそもどこのこと?

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、知らない人のためにVIOをちょっと解説。


VIOはVライン、Iライン、Oラインがセットになったコースのこと。
VIOを「ハイジニーナ」ということもありますが、ハイジニーナはアンダーヘアが無毛な状態というほうが一般的です。ちなみにハイジニーナは衛生という意味のhygieneが由来なんだとか。
ではそれぞれの部位をご紹介ます

Vライン

Vライン

ビキニラインの略でもあるVラインの範囲は、下着のラインに沿った範囲。
ただVラインはサロンによって範囲が細かく分かれていたり、呼び方が違ったりします。

 

基本的には足の付け根(股関節)当たりをVライン(サイド)、おなかのかかるラインをVライン上としているところが多いみたいですね。
ちなみにこの三角形の内側をトライアングルと呼びます。

 

IOライン

IOライン

Iラインは、左の画像の通り股の間の女性器の周り、Oラインは、お尻の肛門の周りのことをいいます。
Iラインは粘膜は基本的に脱毛することができませんが、キレイモやクリニックでは脱毛してくれるみたいですね。
ちなみに施術もこんな格好で脱毛します。

VIOを脱毛するなら知っておきたい!Vラインの形

Vラインデザイン

 

海外では無毛のハイジニーナが当たり前なVラインですが、日本では少し毛を残すのが一般的。
なのでVラインを脱毛する際は、毛をどんな形で残すかスタッフの方と相談して決めることができるんです。そこでみんなはVラインをどんな形にしているのか?人気なVラインの形は何なのか?ご紹介します!

 

一番人気は自然に残す

逆3角形・オーバル

 

やっぱり一番人気なのが、自然に見えるように残す楕円形(オーバル)や逆三角(トライアングル)
アンダーヘアの毛量を減らすので生理の時も楽になるし、下着からはみ出さない程度に整えるので、とても自然で違和感がありません。

 

下着を意識したデザインも人気

Iライン・長方形

 

下着を意識した形がIライン。どんな下着からもはみ出さないように面積を少なくし、形を細くしています。
ただちょっと不自然なので、もう少し面積を広くした長方形やスクエア型にする方が多いみたいですね。

 

超個性派こんなデザインも

星・ハート

 

そしてこだわる方は星やハートなどの超個性的なデザインに。
ただ日本ではあくまで少数派で個性的なVラインにする方は、海外の方に多いみたいです。そして海外の方に多いといえばこちら。

 

ハイジニーナ

 

無毛状態にするハイジニーナ。ヨーロッパやアメリカなどでは、ハイジニーナはすごく一般的です。
日本ではあまりする人が多くはないですが、最近は少しずつ増えているみたいですね。

VIOを脱毛する前に!

 

VIO脱毛するなら知っておきたい4つの注意事項

 

 

VIOを脱毛する前にいくつか知って起きたい情報や注意点をまとめてみました。


 

生理の時は脱毛できない

VIO以外の部位であれば、生理であっても脱毛してくれるサロンはありますが、VIOはどこのサロンも脱毛することができません。
理由は生理時はホルモンバランスが不安定なため、思わぬトラブルが発生する可能性があるためです。
ただ湘南美容外科などのクリニックではタンポンを入れて脱毛しているところもあるみたいです。

 

キャンセルに柔軟に対応してくれるサロンが◎

上記の理由から生理と予約がかぶってしまったらやむなくキャンセルするしかありません。
なので、急なキャンセルにも対応してくれるサロンが◎。キャンセル料などがかからないサロンがベスト。
当日キャンセルにも対応してくれるサロンが一番ですが、せめて前日の連絡でペナルティなくキャンセルできるサロンがいいですね。

 

VIOは痛い

VIOは毛が太く皮膚が薄い部分のため、脱毛の部位の中でも特に痛いといわれています。
脱毛女子でもアンケートを取ってみましたが、やっぱり痛くないという人はほんとに少数。

アンケート結果はこちら

ですから痛みが心配という方はS.S.C脱毛やハイパースキン脱毛などといった痛みが少ない脱毛を選んでみるといいと思います。

 

VIOはちょっと恥ずかしい

VIOを脱毛したいけどちょっと恥ずかしいと思う方もいると思います。
そんなことないですよと言いたいところですが、やっぱりちょっと恥ずかしいと思うのも仕方ないかも。
VIOを脱毛するときは、各サロンが用意している紙パンツに履き替えます。紙パンツのデザインは各サロンによって違いますが、Tバックになっていたりと結構きわどく同性でもちょっと見せるのが恥ずかしい・・・
またIOラインを脱毛する際は、施術台に寝てひざを立ててと・・・恥ずかしい格好になります。
施術の詳しい格好については、脱毛マンガを参考に
>>
ただ恥ずかしいのは最初だけ。みんな言いますが、通っていくとなれてきます(笑)
まずは第一歩踏み出してみましょう。

ほかのおすすめランキングもチェック